僕は知らない人とツーショットチャットをしています。しかも、彼女は日本人ではなく留学で日本にきているアメリカ人。青い瞳でぱっちりした綺麗な二重の彼女。ツーショットチャットやってからどんどんと惹かれていきました。彼女は日本語が得意で文字を打つのも上手でした。そのおかげで会話はどんどん弾みました。 ツーショットチャットをやり始めて3ヶ月後、彼女と会う事になりました。 待ち合わせ場所には彼女がすでにいました。髪の毛はブランドで背も高くすぐに彼女に気付きました。「初めまして、サリーさんですか。」「はい。あつしさんですよね。私のことサリーって呼んでください。」「分かった。じゃぁ僕の事もあつしでいいよ。」僕たちは時間は、軽くその場で話したあとランチを一緒に食べました。 エロチャット食事しながらの会話もすごく弾み、彼女は日本好きで、特にアニメが大好き。漫画をきっかけに日本語をどんどん覚えたと言っていました。そして、異性の友達が欲しくて友達の勧めでツーショットチャットを始めたと教えてくれました。笑顔で話すサリーに僕は彼女がどんどん好きになっていきました。 時間はあと言う間に夕方になりました。夕方はサリーが用事があり解散の時間になりました。「今日はありがとうございます。食事もご馳走してくれて。」「どういたしまして、また会えるかなサリー。」「もちろん。是非また会いましょう。」こうして、僕たちは解散しました。サリーはあと2年は日本にいると言ってくれました。そのあとはどうなるか分からないけれど、この出会いを大切にしたいと思いました。 テレフォンセックス テレH
書き込みはまだありません。